忍者ブログ
健康プロジェクトに関する考察
2018/10/21/Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/15/Wed
ウォーキングと言うのは手軽に今すぐ始められるダイエット方法として人気があります。しかしどれくらい歩くとどれくらいのカロリーが消費されるのでしょうか?以下にウォーキングでの消費カロリーと他の行動との消費カロリーを比べてみましたので参考にしてみてください。表記されているカロリーは60分行った場合の消費カロリーです。

・ウォーキング:300kcal
・ジョギング :420kcal
・水泳    :360kcal
・自転車   :140kcal
・徒歩    :160kcal
・エアロビクス:300kcal
・お風呂   :160kcal

こう見てみると、ウォーキングとエアロビクスが同じということが分かります。以外でびっくりしました。
上記のカロリーはあくまでも平均的な数字ですので、数字には個人差がありますので参考程度にしておいてください。

ウォーキングのいいところは有酸素運動だということです。有酸素運動だけで痩せようとした場合には最低でも20分以上続けなければ脂肪が燃焼し始めないので注意しなければなりません。

ここで注意しなければならないのが、ウォーキングでカロリーを消費しているからといって安心して食べ過ぎないようにしなければならないということです。そこまで大きな消費カロリーではないので注意するように心がけましょう。

ウォーキングダイエットではカロリーを気にしつつダイエットに励み、食事を抜かないようにし、バランスが取れた食生活も同時に送るようにしましょう。
PR
2008/10/15/Wed
ウォーキングをする人は昔ではそんなにいませんでしたが今ではかなりの人が走ったり歩いたりしているくらいポピュラーになった運動のひとつだと思います。
ウォーキングをすることでダイエットに効果的に作用したり、健康面でも向上したりしますのでよい運動だと思います。

ではなぜウォーキングにはそういった効果が出せるのでしょうか?それはウォーキング自体が有酸素運動になりますので正しく行うことによって、ダイエットの場合には脂肪燃焼という効果、健康面の場合には血流がよくなるという効果を得ることができるからです。
有酸素運動とはどういったものかと言うと体内に脂肪が入ったときに通常はどこに溜まっていこうかと血液中をうろうろしている脂肪を酸素と結合させて体外に排出させるという効果があり、この酸素を取り込む行為を有酸素運動でできるということなのです。

ですからこの有酸素がきちんと取り込まれないといくら長時間歩いたとしてもダイエット効果がでないと言うことになってしまうのです。逆に効果的にダイエットができた場合には筋肉もほどよくついてきれいに痩せることができると思います。

ウォーキングはシューズさえあれば始められるとても手軽なスポーツです。また年齢も関係ないので誰でも取り組むことができます。
またダイエットをすることにより最近話題のメタボリックを解消することもできるようになると思います。

ゆっくり自分のペースで歩くようにするとこから始めてきれいな体作りをしていきましょう。
2008/10/15/Wed
ウォーキングをしてダイエットを行うには正しいウォーキングをしないと効果を万全に望むことはできません。
どうせ歩くなら正しく歩いて成果を感じていきたいと思いませんか?

ということで下記に正しいウォーキングのポイントとなる点をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

【背筋を伸ばす】
背筋をピンと伸ばします。頭のてっぺんを糸で引っ張られているような感じを意識してみてください。このとき猫背にならないように注意しましょう。

【少し遠くを見る】
視線を少し遠くにだいた10mくらい先を見るようにします。こうすることで上半身が揺れないようになります。このときあごは軽く引くようにしてください。

【速度】
普段より早い速度で軽く汗をかく程度で歩きます。リズムを出して歩くようにします。このとき呼吸はなるべく深くするように意識しましょう。

【歩幅】
いつもより大きめの歩幅で歩くようにしましょう。

【足の運び方】
膝を伸ばしたまま足を前に出すようにすると楽に歩け、余計な疲労にならなくて済みます。足は着地するときはかかとから、離すときは爪先からするようにしましょう。爪先で蹴り上げるように地面から離すとさらに効果的に足を運ぶことができます。

以上が主なウォーキングのポイントです。たくさんあって面倒かもしれませんがやってみると自然とできるようになりますし、正しい歩き方のほうが効果もしっかりでますのでしっかり実践していきましょう。
2008/10/15/Wed
ダイエットをしたいなと思っている人はたくさんいるともいます。そこでお勧めなのが「ウォーキング」です。ただ歩くだけで効果が期待できるの?と不振に思う方もいると思いますが大体の方に効果があると思います。
特にデスクワークなどの仕事をしていて普段運動などをしていない人に関しては効果がでやすいのではないでしょうか。

ウォーキングでも20分以下の場合にはあまり効果はないのですが、20分以上歩けば歩いただけカロリーが消費されていくことになり、より効果が期待できると言うことになります。

ここで注意するのはウォーキングをする状況ですが、ご飯を食べる前にウォーキングしてしまうと運動することにより余計に食欲が増してしまう可能性がありますので注意してください。ダイエットとは逆効果になってしまいます。おすすめはご飯を食べた後、ゆっくり時間をとってからがいいと思います。

ウォーキングにちょっとダイエット効果をプラスさせるには歩き方を工夫してみてはいかがでしょうか。まず歩幅を大きくとります。歩幅が大きくなると自然に腰をねじるような動作になります。このときに体は常に正面を向くように意識して歩くとウェストがひねられていき、くびれができる結果にも繋がってくると思います。腰をひねることで腰周りについたお肉を引き締めることができるのです。

ウォーキングは健康のためと考えて行う人もいますが、ちょっと工夫をしてダイエットにも役立てるようにしていくことにより、目的意識も持って長続きするのではないかと思います。
2008/10/15/Wed
ダイエットにはいろいろな方法があると思います。ダイエットでの成功だったり失敗だったりといろいろな経験をお持ちだと思います。

ダイエットに大切なのは継続すると言うことだと思います。
継続させるためにはどのようにしたらいいと思いますか?ダイエットを継続させるためには、ダイエットそのものを楽しくしないと続かないのではないかと思います。

ここではウォーキングダイエットを楽しく行うための紹介をしてみたいと思います。

ウォーキングを楽しくするためにはグッズを使うこともひとつの方法だと思います。歩数計もそのひとつです。万歩計と言うと分かりやすいでしょうか?万歩計はどの位の歩数歩いたかどうかを測るための道具ですが、最近では歩数計と言って、歩いた歩数を測るのはもちろんのこと、歩いた距離や燃焼された脂肪の量まで測ることができるのです。

また、消費カロリーや歩いた時間も計測することができるので、ただ単に1日歩いたという結果だけをみるより、歩数計の結果を見ながら毎日の成果や変化に役立てていければより楽しくできるのではないかと思います。

目に見えて変化が分かると意外と嬉しいものですものね。

歩数計が欲しい場合には電気屋かインターネットなどで購入することができますので調べてみてはいかがでしょうか。

便利で楽しいグッズを使って、ウォーキングそのものを楽しくすることで、結果的にダイエットに繋がったり健康維持に繋がったりするといいかもしれませんね。
2008/10/15/Wed
ダイエットを始める前にまずは太りやすくしている生活習慣から見直しを始めてみてはいかがでしょうか。

理想的な生活習慣とは食事を1日3度決まった時間にきちんとしたバランスで食べることだと思いますが、私たちの今送っている現代社会においてそれは結構難しい話だと思います。ですから自分が太りやすくなっている原因となるものを探し出して把握し、改善していくことから始めてみてはいかがでしょうか。

以下に主な太りやすくなる生活習慣の例を挙げて見ましたので参考にしてみてください。
・生活が不規則
・ストレスが多い
・お酒の飲みすぎ
・暴飲暴食
・運動不足

まずはウォーキングのダイエットをするときの注意です。ダイエットと言うのは体内にある余分な脂肪、余分な老廃物を体外に排出することを意味しています。ダイエット=食事の量を減らすと考える人がいますが、これは一時的に体重が減りますが肝心な脂肪は減っていないので勘違いしないようにしましょう。

次に無駄なカロリーは取らないようにしましょう。脂肪の大敵となるのは過剰摂取されたカロリーです。カロリーは摂取量が少なすぎても多すぎても駄目です。カロリーが少なすぎると基礎代謝が低下してしまい逆に脂肪が溜まりやすい体を作ってしまいます。適量のカロリーを摂取するように心がけるようにしましょう。

脂肪を適度に排出させてくれるのがウォーキングという有酸素運動です。ウォーキングを行うことで脂肪が排出されダイエットに繋がってきます。その為にも規則正しい生活を送るように改善していきましょう。より効果がUPしますよ。
2008/10/15/Wed
肥満と言うのはどういった人のことを指しているのでしょうか?体重があり、見た目的にもかなり太っている人と言う印象を持っている方がたくさんいるかと思います。もちろんそれも肥満なのですが、それだけではありません。見た目が太っていなくても内臓に脂肪がたくさんついていたり、体脂肪率が高かったりする人も肥満と言う部類に分類されます。

この体脂肪を減らすことに効果がると言う運動が有酸素運動である「ウォーキング」であると言われています。

また、早急にダイエットが必要な人と言われているのは内臓脂肪型の人と言われていて、皮下脂肪の人と比べても格段に健康面での危険性を伴っているからこういわれているのです。

体内のエネルギーを蓄えるという役割を持っているのが内臓脂肪だということです。ですので、体内でエネルギーが必要だと言うときに最初に燃焼してくれるのも内臓脂肪だということになります。この燃焼させる行為として最も友好的なのがウォーキングということになります。

ウォーキングダイエットをすることにより、内臓脂肪も燃焼させてくれますが、血圧を安定させたり、骨の老化を防止したり、筋肉の衰えを防止して鍛えていくようにしたりとさまざまな効果を期待できるようになり、痩せやすい体質を作り出すことができるということになるのです。

ウォーキングをすると効果的には上記のような効果もさることながら、ストレス発散と言う精神的な効果も得ることが可能となるようです。
2008/10/15/Wed
ウォーキングダイエットをしようとしたときに、ウォーキング自体が苦痛だとウォーキングを続けられなくなりますよね。
続けるためには強い意志が必要ですが、その前にウォーキングを楽しく行うためのグッズかなんかがあればより楽しく実行できるのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

まずは楽しくなるかどうかは別として「手袋」は用意しておいた方がいいと思います。日差しが暑いときには日焼け予防のために、寒いときには防寒具のために持っていたほうがいいアイテムのひとつです。

次に「携帯電話」です。外にいるとなにがあるか分かりません。携帯電話があると自分も家で待っている人も安心すると思いますのでぜひ持って出るようにしましょう。

デジカメなんかはいかがでしょうか?普段歩いていないところを歩くといろんな発見をすることがあります。そんな発見をしたときに写真におさめておいたりすると楽しいかもしれません。

次に夜ウォーキングをする場合ですが、携帯電話はもちろん小さくてもいいので懐中電灯なんかがあればいいと思います。特に住宅地を夜一人で歩くとなると危険を伴ってしまう場合がありますので、回避する意味でも持つようにしましょう。

最初のうちはあれもこれもとグッズを持ちたくなりますが徐々に必要なものが分かってくると思いますので最初から悩みすぎないようにしないで楽しみましょう。

そして自分ならではのウォーキンググッズを見つけて楽しくダイエットをしましょう。
2008/10/15/Wed
ウォーキングでダイエットをするときですが正しいフォームで行わないと効果も半減してしまいます。
ここでは正しいウォーキングフォームをご紹介してみたいと思います。

まずは背筋を正しく伸ばして立つことが大切です。
正しい姿勢とは背筋は猫背にならないようにまっすぐに伸ばします。頭のてっぺんを糸で引かれているような感じと思ってください。その状態であごを軽く引いて目線を遠くにします。
この状態を保つと姿勢を正しくすることが可能です。

正しい姿勢でウォーキングをすることにより、より効果が出て脂肪を燃焼させることができるようになります

次に歩き方ですが、理想的な歩き方はどちらかの足が常に地面に着いた状態で歩くことです。

歩くときには一本の線の上を歩くような感じで、足を前に出すときにはなるべく膝を曲げないようにしてみましょう。
またかかとから地面におろし、爪先を蹴り上げるように地面から離します。

次に腕の振り方ですが軽く「く」の字に腕を曲げて軽く「ぐー」を作ります。

振るときにはできるだけ大きく、力を入れすぎずに前後に振るようにしてください。また腕を振るときにはできるだけ前後に振るようにしてください。左右に揺れたりしてしまうと正しい歩き方ができなくなります。

以上のようなことを意識するだけでウォーキングにもリズムができ、余計な力も入らないことから効果がより一層期待できるようになると思います。

正しい姿勢でウォーキングをしてダイエットをするようにしましょう。
2008/10/15/Wed
ウォーキングでダイエット効果を出すためには正しい歩き方をしなくてはダメだと思います。
ですからウォーキングを始める前にまず歩き方のチェックをしてみるといいと思います。

自分のウォーキングのチェックをしてからウォーキングを始めることで成果を上げることができると思います。

まず今の歩き方から見てみましょう。上下左右に揺れながら歩いていたり、膝を曲げて歩いていたりしないでしょうか?

正しい歩き方のポイントは、背筋を真っ直ぐに正す、膝を曲げすぎないようにしてかかとから地面に着くように、爪先で地面を蹴り上げるように歩きます。また腕は軽く曲げ大きく振って歩きます。

これが正しい歩き方なのですが、意外と難しく歩くときに上下左右に揺れている人が多いようですのでまずは揺れながら歩いていないかチェックしましょう。

次に膝を曲げて歩いていないかチェックします。普段ヒールが付いている靴を履いている人などは膝を曲げて歩いたり、なんとなく前のめりになったりして歩きがちですので、注意する必要があります。特に女性に多い症状だと思いますので自分の歩き方をチェックしてみましょう。

あとは背筋をピンと伸ばしておくことも大切です。猫背になってしまうときちんと歩くことができませんのでできるだけ意識して直すようにしましょう。

正しい歩き方をしてウォーキングダイエットを成功させ、心身共にバランスがいいダイエットができるようにして行きましょう。




アーカイブ
バーコード
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]