忍者ブログ
健康プロジェクトに関する考察
2017/11/23/Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/15/Wed
ウォーキングをして肥満解消またはダイエットができたら本当にいいと思いますよね。
ウォーキングは有酸素運動です。ウォーキングすることにより体内に酸素を取り込み、体内にある糖質と脂質をエネルギーに換えるということで肥満が解消される可能性があるというウォーキング運動になります。

ですので、歩けば歩くほどたくさんの糖質や脂肪を燃焼させることができるという計算になるので肥満解消、結果的にダイエットに繋がると言うことになるのです。

また筋トレみたいに体に負荷がかかるわけではありませんので、長時間継続しやすいというのも特徴として挙げられます。糖質と脂肪をエネルギーとして使用していますので筋肉を鍛えて引き締めると言う効果もあるようです。ちょっとたるんだふくらはぎなんか締まってきちゃうかもしれませんね。

このウォーキングと言う運動をより効果的にダイエットに結びつけるために行うためには、無酸素運動である筋トレをウォーキングとかする前に軽く行うことがいいみたいです。筋トレで筋肉をつけ、ウォーキングで引き締めるようにすることで新陳代謝があがり、痩せやすく太りにくい体になってくると思います。

大事なことはウォーキングをするときには、「運動」をしているという意識を持つことだと思います。だらだら歩いていても効果は得られません。意識をすることで体の動き方も変わるしエネルギーもたくさん消費されると言うことに繋がっていくのだと思います。
PR
2008/10/15/Wed
ウォーキングをしてダイエットをしようかなと考えている人は多いのではないでしょうか。このウォーキングというのは歩くことで運動をするということを目的としています。
ただ歩くと言う意識ではなく、歩く運動をするという意識で歩くことに意味があります。

意識をして歩くことによって、消費カロリーも多くなるし、運動量も多くなると言うことになります。

ダイエットを目的としてウォーキングをしている人ももちろん多いですが、健康維持のためにウォーキングをしていると言う人も意外に多いのですからびっくりします。
ウォーキングは激しい運動ではないために、高齢者の方でも気軽に取り組めることができます。

とにかく簡単に取り組むことができ、必要な準備も特にいらないということが最大のメリットではないかと思います。

しかし、1回2回行ったからいいと言うわけではありません。やはり継続は力なりじゃないですけど継続的に行うことで運動効果も身体的効果もでてくるようになってくるのです。

ウォーキングは有酸素運動となります。ダイエットを行うためには有酸素運動だけではなく無酸素運動も必要になります。その為にウォーキングの前に軽く筋トレなどの運動を行ってからウォーキングをすることによりダイエット効果も増すことになると思います。

軽い筋トレと言ってもどの程度か分からないですよね。軽い筋トレとは大体腕立てや腹筋、背筋などを10~20回位ずつ行う程度でいいと思います。
2008/10/15/Wed
ウォーキングダイエットってご存知でしょうか?これは名前の通り、ウォーキングをしてダイエットをするというダイエット方法です。

ジョギングとは違って歩いて行うダイエット方法のために、老若男女問わずどなたにでもやっていただくことができます。また体への負担が少ないことからおすすめのダイエット方法であることが言えます。

またダイエットと言うのは健康的に行ってこそ意味があるものだと思います。
きちんとご飯を食べ、ウォーキングで新陳代謝を上げ、充実した生活の中に取り入れてこそ心身共に効果を感じることができるのではないかと思います。

その上他のスポーツとは違い、準備するものはシューズさえあればいいと今すぐできるようなところも魅力的だと思います。

ウォーキングの正しいやり方や基礎知識などはインターネット上にたくさん掲載されていると思いますので、たくさん見て参考にしてみてはいかがでしょうか。

では、いつウォーキングをするのが一番効果を得やすいのでしょうか?
それは朝と夜の入浴前だと言われています。
朝は胃の中が何もない状態ですので、カロリーの消費をうまく処理することができるのでダイエットには効果的なのですが、血糖値が低い時間帯でもあるので目眩を起こしてしまう可能性がありますので、軽くお腹に入れた状態で行うようにしてください。

次に夜は夕食を食べた後2時間くらいしてからウォーキングすると夕食で摂取したカロリーをうまく消費してくれますのでダイエットには効果的だと思います。
入浴前と言うのはウォーキングで汗をかいてしまうのでその汗を流してしまうのと寝る前に運動すると興奮してしまうので、リラックスさせるためとの理由です。
2008/10/15/Wed
ウォーキングをすると何故痩せることができるのでしょうか?
ダイエットをしたいと思っている人は大勢いると思います。お金をかけずに手軽にできるものと言ったらウォーキングがあると思います。しかしどういう仕組みで痩せることができるのか知っていますか?知っているのと知らないのとじゃ意識的にも違ってくると思いますので是非知っておいてみてはいかがでしょうか?

まずは体の中の血液の流れをよくすることで痩せることができると言われています。血液の流れを良くする為には「歩く」ことがいいとも言われています。

ではどうして「歩く」ことで血液の流れがよくなるのでしょうか?

「歩く」と言うことをしていると、体内の糖質や脂肪がエネルギーとして消費されるようになります。その消費されるまでの流れですが、歩き始めて大体20分間は血液中にある糖質が燃焼されるようです。20分以降は血液中にある糖質が燃焼されてしまいましたので、変わりにエネルギーになる血液中の脂肪を燃焼していくという仕組みになっているようです。

エネルギーとして脂肪が燃焼されていくと、自然に体重も減少していくということになるのです。

こういうような体の流れを作るのに最も効果的なのが有酸素運動だということで、手軽にできる有酸素運動にはウォーキングという「歩く」行為が該当するということになります。

ですからウォーキングをするということはダイエットとして効果的な方法だと言うことになるのです。
2008/10/15/Wed
ウォーキングという行為は有酸素運動です。この有酸素運動の仕組みをしることによってウォーキングダイエットの取り組み方が一味も二味も変わってくるものだと思います。
そして、やる気もぐんと出るようになり、ダイエット効果も倍増になるかもしれませんよ。

まず「有酸素運動」とは!有酸素運動と言うのは呼吸をすることで体の中にある糖質や脂肪をエネルギーに変えてくれる酸素を取り込むということです。簡単に言うと呼吸をして脂肪を燃焼させるということになるのです。

これだけ聞くとわざわざウォーキングなんかしなくても24時間いつでも呼吸しているのだからやらなくてもいいじゃないの。と思ってしまうかもしれませんが、普段の呼吸では体内に取り入れられる酸素の量が少ないのです。取り入れる酸素の量が少ないと言うことはその分呼吸が浅いということなのです。

しかし、ウォーキングは自然に深い呼吸をすることができるし、そのおかげで酸素を体内に継続的に取り込むことができ、脂肪を燃焼させることができるということになるのです。

人が生きていく上で必要なエネルギーというのは大きく分けて、糖分を分解する場合、脂肪を分解する場合の二つの過程で作られているのです。
特に脂肪を分解するときにはより多くのエネルギーが作られているようです。この二つの過程は有酸素運動でできます。有酸素運動をすることによりエネルギーが作られていくようになるということになるのです。
2008/10/15/Wed
ウォーキングをするときの服装ですが、できれば軽いもので季節にあった服装をすることが望ましいです。

例えば夏だったら上はTシャツに下は短パンか長いジャージ、冬は上下とも長いジャージなどがいいのではないでしょうか。

冬でも走れば暑くなるからとか言ってTシャツに短パンは止めましょう。逆に汗をかいたら風邪を引いてしまう原因になります。
また夏でももっと汗をかきたいからとナイロン地の汗を通さないウインドブレーカーみたいなやつを着る人もいますが、暑くて倒れてしまう可能性がありますので止めましょう。

適度に季節感を持った服装にしましょう。

次に帽子ですが特に日差しが暑いとき、紫外線が強い時期などは被った方がいいと思います。日傘でも黒がいいと言われているように黒は熱を吸収して日を避けてくれますのでできれば黒い帽子でツバが着いているものが望ましいです。

次に手袋ですが、長時間歩く場合には手袋をした方がいいそうです。日焼け止めという意味もありますが、長時間歩く場合には手がむくむ場合もあるようです。むくみを防止するためにも手袋が活躍しますのでぜひ試してみてください。

このようにウォーキングをひとつするだけでも服装とか気を付ける点があります。正しい服装でウォーキングをするようにすると、体調を壊したりする可能性が低いために継続してウォーキングを行うことができます。継続することでダイエットにも繋がってくると思いますので、ぜひ試してみてくださいね。
2008/10/15/Wed
ウォーキングをダイエットの方法として行う場合、比較的早足でリズム良く歩く人が多いと思います。そうしていると汗もよくかくことだと思います。

ですからウォーキングをするときの服装は汗を吸収しやすい服を選ぶようにしておくことが大切です。
また私たちの生活の中でウォーキングをする時間帯と言うのは限られていると思います。だいたいは夕方から夜にかけてが多いとは思いますが、この時間帯というのは足がむくみやすい時間帯でもあります。ウォーキングシューズはその時間帯に合わせてむくんでいても履けるシューズを選ぶようにするといいと思います。

ウォーキングでダイエットの効果が期待できる場所ですが、足を特に使いますので足の部分痩せにも効果がありますが、下半身よりは使っていなくても腰をひねったり腕を振ったりして全身を使っていますので、全体的に痩せることにも効果があると思います。

ウォーキングダイエットをより効果的に行うためにはウォーキング専用のシューズを用意した方がいいと思います。
他のシューズとの違いは足の衝撃の和らげ度です。ウォーキング専用ということもあり足を痛めずに歩くことができます。

ウォーキングシューズを選ぶときにはデザイン重視ではなく、ある程度重さもあり、爪先を曲げられる程度の遊びがあるようなものを選ぶ方がいいと思います。

ダイエットは一日にしてならずです。長期間継続的に行えるようにシューズも服装も適切なものを選ぶようにしましょう。
2008/10/15/Wed
ウォーキングダイエットをするときの時間帯についてですが、どの時間帯に行ってもそれなりの成果はでるのですが、できれば毎日同じ時間に行うことが理想だと思います。

ただしウォーキングをする時間帯において注意しなければならない時間帯があります。それが「朝食前」です。

朝起きて何も食べないで飲まないでウォーキングをすると気持ちが悪くなったり、めまいを起こしたりする場合があります。これは体内の血糖値が朝は低いからという理由があげられます。

朝食を食べてしまうと血糖値が上がりすぎてしまうので、できれば朝はバナナなど軽くお腹に入れる程度に糖分を補給してから歩くようにしましょう。

また朝起きた直後は体がまだ起きてない可能性もありますのでケガをしないように準備運動をして少し体を目覚めさせてから動くようにしましょう。

逆に夜の時間帯にウォーキングをすることはいいとされています。理由として、脂肪は夜寝ているときに体内に付いてしまい溜まっていきます。ですからウォーキングによって余計な脂肪を燃焼させることによって脂肪を体内に溜めないようにできると言うことになるのです。
また更にいいことに、夜の時間帯に有酸素運動にて取り込まれた酸素が血液の中に送り込まれ新陳代謝をアップさせてくれますので、美肌にも効果がでてくるかもしれません。

また大事なのはウォーキングをする前の準備運動とした後のストレッチです。
そうすることで翌日筋肉痛を軽減させることが可能となります。
2008/10/15/Wed
ウォーキングをしてダイエットをしていくなら、快適で気持ちがいいウォーキングの方がいいですよね。

ウォーキングは老若男女問わず行うことができ、準備もそんなに必要ないために手軽にすることができます。
また、心身共に健康的にダイエットを行っていくことができる、言わば健康法なのではないかと思います。

ウォーキングをすると新たな発見があったりするかもしれません。例えばいつも車で通っているような道を歩くことによって今まで気付かなかったものを発見したりとかしてちょっと得した気分になるかもしれません。

また、外の空気をじっくりと吸うこともできてリフレッシュにもなるかもしれませんね。

ウォーキングには運動だけじゃなくそういった、付加価値部分も味わうことができるのです。

では、本題の「ウォーキング」について話していきたいと思います。

ウォーキングと言うのは体内に酸素を取り込みながら行う有酸素運動です。効果には脂肪の燃焼、美容効果、骨粗しょう症予防などさまざまな効果が期待できます。最近では若いのに骨粗しょう症になってしまう人もいるとかで体力の低下にも期待したいところだと思います。

心身共に健康になるだけで体の内面からも若さを保つことが可能になると思います。

そういった効果が期待できるウォーキングを気分よく行っていきたいものですよね。そしてダイエットだけでなく精神的にもリラックスやリフレッシュができることを望みたいと思います。
2008/10/15/Wed
ウォーキングでダイエットをするには正しくウォーキングをしていかなければなりません。

では正しいウォーキングとはどういうものでしょうか?
・背筋をピンと伸ばす
・歩幅を大きくする
・早足であるく
・腕をくの字に曲げて大きく振る
というようなことだと思います。
また、ウォーキングのような有酸素運動をすると脂肪が燃焼し始めるまでには20分は最低でもかかると言われていますので、20分で止めてしまうと脂肪が燃焼する前に終わってしまいます。ですからせめて30分は行うようにすることが大切だと思います。

それと最も大切なのは「継続する」と言うことです。最初から無理して飛ばしてしまうと筋肉痛になったり、面倒になったりして長続きしなくなります。まずは無理をしないこと、毎日でなくてもいいので週に2~3回から始めてみるようにすることから始めてみてはいかがでしょうか。

次に歩幅に関してですが、大きくと言われてもピンとは来ないと思います。具体的に言うと身長から100を引いた長さが理想的だと言われています。
頑張って足を広げた位だと思いますので何かを目安にしてみるなどして楽しみながらウォーキングしてみましょう。

最後に歩く早さについてですが、普段よりは早めに、息が切れすぎない程度に、かつリズミカルに歩くようにしましょう。

以上が正しいウォーキングの仕方の基本的なものです。参考にして実践してみてくださいね。そしてダイエットを成功させるようにしましょう。




アーカイブ
バーコード
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]